COLUMN

【ダーツイベントノススメ】

2
101
2018.08.03 Fri.

ダーツイベントは貴重な体験をさせてくれる

 ダーツイベントはとても楽しいものだ。貴重な体験の連続で、アナタのダーツのヒントになる事だろう。
 おそらくだが、ビッグトーナメントのように大きい大会は数カ月に一回程度になると思うし、先週オススメしてたハウストーナメントも一カ月に一回くらいの開催頻度になる。もちろんハウストーナメントになると、お店をはしごすれば、毎週どこかで行われれている状態なので、ずっと出続ける事も、体力さえあれば可能である。毎週のようにどこかのハウスに出る人もいる。脱帽だ。
 とはいえ、ダーツに関わるイベントはトーナメントだけではない。プレイヤーのイベントや新商品発売のイベントなど、思った以上に多岐にわたる。ちょっとしたイベントが多いという事もダーツの魅力である。もちろん大きいダーツスポットで行われるものから、ダーツバーで行われるものもある。トッププロのイベントから、お店独自のイベントなどもある。もちろん、ダーツだけにとどまらない。料理が得意なプレイヤーが腕をふるったり、歌って踊る事もある。プレイヤーもダーツ以外の特技でみんなを楽しませようとしてくれる。
 ダーツのある生活はとても潤いに満ちている。ダーツのある生活は、かなり楽しい。生活に少し遊びを加えるだけで、今まで見てきた景色が一変するのは皆様も体感している事だろうと思う。今までは、仕事が終わった後、まっすぐ家に帰っていたような生活から、帰り道が輝いて見えるようになる事だろう。気が付いたら素振りをしていたなんて事も大いにある。気が付いたら検索履歴がダーツばかりになり、今までトレンディなドラマやバラエティ番組ばかりだった晩酌のお供が、ダーツの動画やDVDに代わっている事も少なくないはずだ。明日はどこに行こうか、明日はどうやって投げようかなどと、入浴時に思ったり考えたりしている事もあるだろう。
 すべての人がそうだとは限らないものの、ダーツがアナタの人生に何かをもたらしてくれる事だけは、固く約束する。

①新商品発売イベントが熱い

 イベントの中では、プレイヤーの新作発売とともに行われるイベントがとにかく熱いと言える。大体において発売日の前後で行われる事が多いのだが、その場で直売してくれる。人気選手やトッププレイヤーのバレルやグッズになると、すぐに予約がいっぱいになってしまう事が多いので、こういったイベントを狙っていくのもありだと思っている。もちろん多少並ぶ事もある。しかし、行列が出来るラーメン屋さんよりは短いと思う。
 たまに先行発売の場合はフラゲ出来る事もあるだろう。レアイベントでもあるので、常にショップなどのSNSをチェックして情報を集めたいところだ。ご本人登場の場合などはサインをもらう事ができたり、ファンの皆様とコミュニケーションをとれるように、様々なレクリエーションを用意している場合がほとんどである。じゃんけん大会などはかなり行われる。しかし、トッププロともなると、どこまでもとことん勝負強く。最終的には参加者全員負けてしまい、もう一回最初からという事もあるのでご注意いただきたい。

②チャレンジマッチが熱い

 これを目的にイベントに参加する人は多いだろう。願ってもない瞬間だ。あのトッププロとダーツ出来る瞬間があるのである。対戦しようと思ったら、選手がいつも投げている所に行くのが一番だが、どうしても遠くて行けないという事が多いだろう。もちろんツアーを転戦し、行っても遠征中でいらっしゃらない事もあったりすると思う。そんな時はイベントが最高のタイミングとなる。もちろん、順番待ちの方法や、参加する権利は、イベントごとに様々であるので、主催にご確認いただきたい。新商品をその場でご購入になった方優先だったりする事もあるので、その際は迷わず購入される事をお勧めする。
 選手と対戦するとどういったメリットがあるかと言えば明白である。目の前で投げているのである。トッププロのフォームやリリースなどは、見ているだけでも勉強になる。情報が多すぎるだろうと思う。その立ち方から、どこにどう重心を置いていて、どのようなイメージなのか、目に焼き付けるべき内容が盛りだくさんである。動画だけではどうしてもわからない、間の取り方なんかも参考になるだろう。
 一緒にダーツしてくれるというだけでもすごい事である。通常ならば、いらっしゃるところに行く事か、同じプロになって、試合に出場し当たるのを待つか祈るしかないのだが、イベントの時は、参加すれば一緒に投げる事が出来る。いつも晩酌しながら、見ている動画の人だったりするだろう。感動もするはずだ。
 プロのダーツは本当に素晴らしいものである。

③開催されるタイミングが熱い

 統計を取ったわけではないので、私の肌感覚になってしまうが、大体において19:00頃から開催される事が多いのがイベントである。これは仕事終わりの方が直行すれば間に合うだろうという時間設定だったりする。なんなら少し立ち呑み屋なんかで一杯引っかけてからでも間に合うような時間で設定されている事がほとんどである。
 またおよそ2時間から3時間程度で無理なく終わるスケジュールをしっかりと組んである。これは何よりありがたい。ダーツのいい所でもあり、悪いところでもあるのだが、ついつい長々とやってしまうのである。気が付けば大量に飲んでしまい、帰宅時の記憶をごっそりとどこかに落としてきてしまい、気が付くと自然に囲まれた身に覚えのない駅で駅員さんに起こされるような経験をした事がある人も多いだろう。そんなことはない、お前だけだという声がどこからともなく聞こえてきた気がするが、私の周りでは結構多い経験である。
 すこし時間が足りないな、もっと一緒にいたいな……と思うくらいがちょうどいいのかもしれない。もちろんイベントをしている方だってそうである。イベントに出ているプロにだってメリットはある。普段は一人で練習したり、有名であるが故に集中できる環境を求めて孤独に練習を重ねている可能性がある。しかしイベントに来れば、自分が知らない人でさえ、自分の事を応援してくれると知る事が出来る。これほど嬉しい事はないだろうと思う。
 誰かに見られている、応援されているという事は、自然にその人の意識を変え、より強くする事だろうと思う。よってトッププロにとっても大切なのがイベントなのである。……と思うが、正しいかどうかわからない。そうであってほしいという私の希望なのかもしれない。

最後に……

 SNSなどで、イベントの告知をよく見かける。様々なプロプレイヤーがイベントを行っている。もちろん聞いた事も見た事もないようなプロがしている場合もあるだろうと思うが、すべてプロプレイヤーであるので、ダーツは上手く、また強い。上達しようと思う人の参考になるだろうと思う。上手い人、強い人の一挙手一投足はすべてが勉強になる。ただ何気ないスローに見えるだろうが、その足の加重する部分がどこなのか、スローラインに入る前のルーティンはどうなっているのか、何を考え、どう体を安定させているのか、すべてである。
 もちろん動画で確認する事も可能だが、実際に本人を目の当たりにした時に、まったく違う感覚を覚える事もあるだろう。それこそが何より大切な事なのだと考えている。
 もちろんトーナメントやゲストで呼ばれているハウスでも確認できる事ではあるのだが、どうしても予定が付きにくいこともあるだろう。それは、イベントとて同じ事だとは思うが、比較的、仕事終わりなど都合を付けやすいタイミングで行く事が出来るメリットがある。
 より近くで、その姿を見る事が可能だ。トーナメントでは投げている姿は壇上にある事が多く、遠く見えにくいこともあったりする。練習台で練習しているところを見てもいいのだが、トーナメントは人が多く見えにくいという事もあるだろう。ハウストーナメントになると、自分も参加しているので、それほどゆっくり見ないうちにプロの出番が終わってしまう可能性もある。そういう観点から見ると、こういったイベントの方が割としっかりプロを見る事が出来るかもしれないと考えたりする。
 もちろんイベントは交流の場もあるので伺いたかった事があれば、伺ってみるのもいい。答えてくれる事もある。それが私たちのダーツのヒントになるのは間違いない。プロの方もどんどん聞いてもらいたいと思うし、質問の中で自分では気が付く事が出来なかった事に気が付くきっかけが出来るかもしれない。
 ダーツがもっとメジャーになるようにと、プレイヤー達は誰もが思っている事だろう。だからこそ、こういった場がもっともっと増えて行けばいいと願っている。
 
 ダーツがあれば、ほんの少しかもしれないが生活に潤いをもたらし、世界が少しだけ広がると確信を持っている。何よりダーツによって人生が一変したであろうプロたちの中にも、同じような気持ちを共有したいと考えている人もいるだろうと思う。尊敬するプロや好きなプロ、参考にしているプロのイベントから参加してみるのがいいのではないだろうか。プロも一般のプレイヤーもダーツが好きだという共通点があるだけで、すぐにコミュニケーションがとれるだろう。
 
 ダーツの楽しみが一つでも増えれば、生活はより楽しくなっていく事だろうと断言する。

2
101

LATEST COLUMN

HOME

COLUMN

【ダーツイベントノススメ】