COLUMN

長嶋氏、パリピになる。

1
13

セルカ棒。Instagram。ハロウィン。

最近の流行を考えると「パリピ」という生態は無視できなくなってきていますよね。トレンドリーダーの彼らがSNSでUPした楽しそうなネタは、ジワジワと拡散され、時差を経て多くの若者たちの間でも広がります。そして最終的には上の世代にまで広がっていき、メガヒットとなる商品やサービスに繋がる…

つまりダーツを広める為にも、彼らの情報へのアンテナは常に張っておかないといけないわけで。ということで、社会勉強の為に、麻布十番のクラブイベントに行ってきました(笑)

ROSETTA(ロゼッタ)in ELE TOKYO
http://www.fujipacific.co.jp/…

クラブなんて15年ぶりくらいでしょうか。大きな音と人混みが苦手な私は、人生においてなるべく避けてきた場所なんですが、このクラブイベントはダーツライブが協賛しているということで勇気をもって潜入してきました。そこで見たパリピ達は…、みんな三代目かE-Girlsでしたね(笑)ただ麻布十番という事もあり、30~40代の方や外国の方も普通にいて、そこまで居心地が悪いわけではなかったです。

そしてダーツブースも発見。クラブに来ている人達は、男性も女性も、少人数のグループで行動をしているので、非常にダーツとの相性もよく、そこで出会った男女グループから、打ち破れた男性グループまで、いろいろな方が遊んでいましたね。(^^)

彼らとダーツをして、「ウェーイw」とグータッチをしたときには、私もパリピになれた気がしました(笑)

後日、このクラブイベントをエゴサーチしてみたらダーツも何件かUPされていましたね。尚、パリピのSNSはほとんどがInstagram。そして「いいね!」を貰う為に、写真映えはもちろんの事、さらに「+1ネタ」を工夫している人が多くいるように感じました。

とまあ、ここまで散々パリピパリピ言っていますが、パリピの実態は、普通の大学生となんら変わりなかったです。ちょっとテンションが高い、オシャレ好きの社交的な若者といった感じで。ダーツ業界にいる癖の強い人に比べれば、ぜんぜ…あ、いや、なんでもありません(笑)

ライブ社さんが、このようなクラブのイベントから、AIR JAM・a-nation・ビクターロック祭り・OTODAMAなどのフェス系イベントまで、音楽系での新規ユーザー発掘で頑張ってくれているので、一般人にはダーツがオシャレというイメージがあるのかもですね。まあ居酒屋「北海道」の注文をするタッチパネルでCMが流れていた時は驚きましたが(笑)

マチダーツも、いろいろな視点を持ち、メーカーの出来ない部分で、ダーツ人口を増やしていく活動が出来ればなと思います。

1
13

LATEST COLUMN

HOME

COLUMN

長嶋氏、パリピになる。