COLUMN

小学校のダーツ教室に鈴木未来選手がやってきた!

29
560

今回、鈴木未来選手が来てくれたわけ。

香川県でダーツ普及活動を行なっている鈴木勇気さん。あの未来選手の旦那さんですね。ダーツ普及活動を通じて繋がり、PDJ東日本予選の時に東京に来ていたので、一緒に食事をしながら熱く語らせていただいた事がありまして。

その時に「今度タイミングがあえば是非」なんてお話しをしていたので、PDJ最終予選の前日に開催を予定していた森の台小学生のダーツ教室に誘ってみたんですね。そしたら今回は仕事があって東京に行けないけど、どんな雰囲気でやっているのか知りたいので、PDJで前入りしているミックさんを手伝いに行かせてもいいですか?…と。

おいおいおいおい。断る理由なんて何もないけど、ちょっと大物すぎるだろ?(笑)

とりあえずスタッフ全員ギャラは給食が出るだけだと勇気さんにも未来さんにも伝えたんですが、それでも子ども達に向けてダーツを普及する為ならとひと肌脱いでくれました。

正直、トッププロと呼ばれるようなイベントで集客できる程のプロには、申し訳なさすぎるので少しでもギャラが出るような環境が整ってからお声がけをさせていただこうと思っていたんですけどね。ただ今回、未来選手がお手伝いをしてくれた事で、ちょっと涙なしでは語れない感動的な事もあり、来てもらえて本当に良かったです。この内容はまた長くなりそうなので次回のコラムで書かせてもらいますね(笑)

未来さんフィーバーとなった森の台小学校。

そもそもなぜこの森の台小学校でダーツ教室が出来ているのかといいますと、マチダーツに所属する黄助さんという方がここの学校の先生でして。毎年、子供たちにダーツを教える機会を作ってくれています。

そんな黄助先生が、今回、鈴木未来選手が手伝ってくれる事を知り大興奮!もうね、いつもと気合の入り方が全然違いましたね(笑) 先生や生徒には「吉田沙保里選手がレスリングを教えに来るようなもの」だと伝え、事前に鈴木未来選手の最近の戦績などが載ったプロフィールを配布したりして、盛大に学校内でプロモーションをしてくれたそうです。そのおかげで子供達の食いついも半端なかったですね。(^^)

5時間目は、黄助先生が担任する6年6組の『道徳』の授業でお手伝い。「夢や目標があるか?」「そのためにやっていることはあるか」という内容の中で、子供達が鈴木未来選手に色々な質問をしていたわけですが、我々が聞いても参考になるような話しばかりで面白かったです。例えばピアノやっている子が「緊張したらどうすればいいか?」とか、バスケやっている子が「ルーティンはあるか?」とか。あと大人が聞き辛い年収とかをズバッと聞いたりするあたりが子供らしくて素敵でした(笑)

そして6時間目は4〜6年生が参加する『クラブ活動』でのダーツ教室。こちらは前回同様、アナログ計算でのダーツ体験だったわけですが、やっぱり現役だけあって私よりも計算が早かったですね(笑) あと今回、子供の投げ方を見ていて気がついたんですが、とても外国人選手みたいな投げ方の子供が多いなと。これが本来のカラダに合った投げ方で、ここから多くの日本人は型にはめて崩していんでしょうね。

さらに最後に、子供達から鈴木未来選手に来てくれた感謝の気持ちをサプライズプレゼント。手作りで子どもたちの気持ちのこもった素敵なプレゼントでした。

この頃のこういう貴重な経験というものは、わりと歳を重ねても残っているもの。そんな時期に日本代表でダーツ界最強の鈴木未来選手から教わったという事実は、もしかしたら今後の人生に何らかの影響を及ぼす事となるかもしれませんね。

鈴木勇気さん、鈴木未来選手、そして黄助先生をはじめ森の台小学校の皆様、今回も本当にありがとうございました。m(_ _)m

29
560

LATEST COLUMN

HOME

COLUMN

小学校のダーツ教室に鈴木未来選手がやってきた!