COLUMN

ワールドカップ

0
47
2018.06.03 Sun.

いやはや、みなさんなんのかんので騒いでおりますワールドカップですがやはり日本ダーツ史上最強の2人が揃ったのだからまぁ順当でしょう。
初戦は時間の関係上見られませんでしたが、昨日の試合はDAZNから見ました。
昨日の試合からはシングルスもフォーマットに含まれてきましたのでストレートで勝てばダブルスはありません。
1試合目は浅田選手vsジョンパート選手。見ててなんな不安もない試合展開で流石の一言。要所々々での180は勢いの良さを表していますし、序盤のD16を二回外したぐらいで中盤からは大きなミスもなく勝利。対してジョンパート選手はかつての輝きはなく、なかなかまとまりきらないダーツを終始してしまいプロの世界で技術をあげ続けるのは大変なことなのだと思わされました。
2試合目は村松選手vsドーソン選手。ドーソン選手はイギリス滞在中に何度か話したこともありますしとても気さくな少年といった感じです。今回も入場のときにだいぶおちゃらけていましたがそのまま気持ちの整理がつかなかったのかダーツとしては勝負にならないレベルを披露してしまいました。
村松選手は1つも落とすことなく勝利。日本の2-0というスコアで試合は終わりました。
昨日は僕も2-0だろうなと容易に予想は出来ましたが問題は次です。
スコットランドが出てきます。
前年はシンガポールにまさかの敗北を喫していますのでやる気は充分、メンツも濃すぎなのでなんとか大和魂で勝利を抑えていただきたいです。スコア予想は
3-2で日本or0-2でスコットランド。シビアですが、圧勝はないと思います。だけどいつも仲良くしてくれている2人が世界の舞台で戦っているわけですから本当に尊敬しますし、頑張って欲しいと思います。
昨日で言えばオーストラリアとスペインの試合が印象的でした。
両者気持ちのこもったダーツをしていて、見ている自分もあの様なダーツをしたいと思わされました。是非みていただきたいと思います。優勝候補と言われ無冠が続くオーストラリア。今年はあるかもしれません。

0
47

LATEST COLUMN

HOME

COLUMN

ワールドカップ