COLUMN

ダーツボードを測ってみた

1
26
2016.06.28 Tue.

ソフトとスティールの違いから…

こんにちは。

今日はソフトとスティールの違いを考えようと思い、いろいろ考えました。

その中で「サイズが違う」ことにクローズアップします。

題して「ダーツボードを測ってみた」

そのままですね(^^;

実は大きいのはトリプル・ダブル・アウターだけ

ソフトとスティールではまずスローラインからボードまでの距離が違います。
ソフトは244cm、スティールは237cmです。
しかし、距離は3パーセントほどの違いしかないので、ボードの大きさの感覚はあまり変わらないと思います。

そして実際に測ってみた結果は表のとおりです。
手で簡単に測っただけなので、誤差はあると思いますが、あまり気にしないでください。

大きな差が出たのはトリプル・ダブルがちょうど2倍、アウターブルも大きな差が出ました。

「ソフトのボードは大きい」のは実はこの部分だけの影響で、シングルの部分はほとんど差がありません。
「ソフトはブルが大きく見える」も正解で、ボード全体に対してのブルの比率が大きいです。
逆に、シングルの大きさはほとんど変わらないので、シングルの練習はソフトでもスティールでも変わらないということです。
これはインナーブルに関しても言えます。ソフトプロの大会で「良くインナー入るなー」と思わせてくれるあの選手は、スティールでもインナーによく入るはずです。

場所の提供ありがとうございました。

今日のネタは東京巣鴨にあるDEARSさんで測らせていただきました。
測るだけならチャージ入りませんと言ってくれた店長さんありがとうございます。

3Fと4Fで出店しているお店で、写真は4Fのものです。ちなみに半分だけしか写っていません。
3Fはソフトダーツが4台あるダーツバー。投げ放題プランもあります。
4Fはスティールが置いてあるフロア。330円酒場として最近生まれ変わりました。必要に応じてスティール6面に張り直すこともできる、貴重な空間です。

初めての方もいつも来る方も楽しくやっていますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

というお礼で今日は終わります。
それではまた。

1
26

LATEST COLUMN

HOME

COLUMN

ダーツボードを測ってみた