NEWS

テーラー、バーニーと最期の対戦となるか?

0
34
2017.02.15 Wed.

プレミアリーグ第3夜

イングランド中央部のリーズ

http://www.pdc.tv/news/articl…

リタイアを翌年に控えたフィル・テーラーは、この木曜、最期のリーズ、ファーストダイレクトアリーナをBetwayプレミアリーグで訪問、レイモンド・バン・バーナベルトと伝説の角の突合せを行う。

この二人は1990年以来およそ70回の激戦を戦い、2006年にこのオランダのヒーロー、バン・バーナベルトがPDCサーキットに参加して以来最も激しいライバルの火の粉を散らしたのは誰もが認めるところだ。

テーラーとしては2018年に完全リタイアを予定しておりこのストークの伝説のプレーヤーは今年一年最期のシーズンを続けるものの、リーズでのプレミアリーグの試合がビッグステージでの両者の試合を見る最後となる可能性もある。

バン・バーナベルトはここのところ全盛期の調子を取り戻してきており、最も直近の対戦としては、昨年12月アレキサンドラパレスでのワールドチャンピオンシップ準々決勝でテーラーを5-3で破っている。

このオランダ人は2013年の準決勝でテーラーが勝った後は、ここ3年間プレミアリーグの格闘でも7戦のうち4勝2引き分けと強さを見せている。

「レイは今また自信を取り戻したようでここ2-3回は僕に勝っているし、今は僕には優勢だと思っているとおもう。」と6度のプレミアリーグチャンピオンで16度のワールドチャンピオンのテーラー。

「いいゲームになると思うし僕は楽しみたい。リーズには素晴らしい観客も集まってくれるしね。いつも大変な声援をくれる。」

「僕にとってリーズは僕らがプレーする一番良いベニューの一つだ。どこへ着席してもいいながめだし、いつもいい夜になる。素晴らしい人達だしバーニーとの一戦には格好のベニューだ。」

このペアは史上最も素晴らしい試合といわれている2007年ワールドチャンピオンシップ決勝を戦い、テーラーはバン・バーナベルトに負けたリベンジをその後7つのテレビ放映での決勝で果してきた。

「正直、他の誰と対戦するよりも特別な試合と思うのは今も変わらない。」とテーラー。「レイモンドは他の誰と比較しても僕が対戦して楽しいと思える一人だ。僕が初めて名を馳せた時も彼が始めて名を馳せた時も古き良き思い出だ。」

「丁度、エリック・ブリストゥとジョン・ローの関係と同じようなもので同じようなライバル関係だ。僕にとってちょっと特別だ。だからこの夜は特別で、みんなの心に残るゲームだろう。」

「これが僕の最期のシーズンで、先週僕はノッティンガム周辺を見学して回り、ここでプレーするのは最期だなと考えていた。」

「いろいろな意味で素晴らしい、リタイアの時が近づき僕はやるべきことをやっている。今は全ての瞬間を楽しむことにしている。」

Betwayプレミアリーグは2月16日(木)19:00からリーズ、ファーストダイレクトアリーナで開始される。

0
34

LATEST NEWS

HOME

NEWS

テーラー、バーニーと最期の対戦となるか?