NEWS

バンガーウェン、記録破りの優勝回数を狙う

0
20
2018.05.09 Wed.

「僕はマイケルで僕は勝者だ。」

https://www.pdc.tv/news/2018/…

マイケル・バン・ガーウェンは日曜にジンデルフィンゲンでヨーロピアンダーツグランプリに優勝し、今年、新記録となるPDCタイトル数獲得を目指す。

このオランダのスターは2018年に既に10個のPDC優勝を果たしており、彼の目線は今年間26個以上のタイトルに向いている。

この世界No.1は先週末自身23個目のヨーロピアンツアータイトルを獲得、益々この信じられない優勝履歴を増やすことに強烈な興味を持った。

「年間26個のタイトル獲得を塗り替えられると思う。」とバン・ガーウェン。彼は地元オランダのズウォルで今週末のダッチダーツマスターズを勝ち、24個目のヨーロピアンツアータイトルを狙っている。

「優勝こそが僕をもっといいプレーヤーにしてくれる。優勝すると大きな自信となるし、僕は全てのトーナメントでプレーしたい。」

「今いいプレーヤーは一杯いるけど、僕は前向きな人間でもうすでに来週のことを考えている。」

「もしトーナメントに優勝できなくても僕は再び立ち上がり練習する。僕は次のためにいい方向になるよう確認していく。」

この2度のワールドチャンピオンはジェームス・ウェードを8-3で破った試合が彼の最高のダーツだっと言い、グラスパラストで2度のタイトルを獲得した初めてのプレーヤーとなった。

バン・ガーウェンはアラン・タバーン、ダレン・ウェブスター、デーブ・チズナル、マイケル・スミスを下し決勝へ進出した。

「あれは今までで僕のベストのトーナメントだった。」とバン・ガーウェン。日曜夕刻、彼の三試合は全てアベレージが110を超えた。

「3試合連続でアベレージが110越えというのは特別だ。素晴らしパーフォーマンスが出来たと思う。」

「対戦相手はいつも僕をプッシュしてくるのでこれらの試合に勝つには僕は特別なことをしなければならない。」

「ジェームスが戻ってきて安定してきた。彼は特に僕の出だしにプッシュを掛けて来た。」

「先週末は僕は勝つために出来ること全部をしなければならなかった。それがもっといいパーフォーマンスのために僕の心をより強くしてくれた。」

バン・ガーウェンはこれから2週間でプレミアリーグタイトルと共にダッチダーツマスターズのタイトルを目指しており、彼の優勝トロフィのキャビネットをこれまでになく拡張する予定だ。

しかし、このオランダのエースはこの木曜、アバディーンでのギャリー・アンダーソンとのUnibetプレミアリーグでの対戦に目をつむるつもりは毛頭ないと言い切る。

「大事な数週間が来ようとしている。気分は最高だしこの優勝の気持ちを持ち続けたい。」とバン・ガーウェン。彼は続く週にO2でのプレミアリーグプレーオフでもアンダーソンと対戦の可能性が高い。

「絶対に負けられない。どのレッグも全力で戦い何も与えたくない。」

「トップ抜けで安全だと思っていても、僕がどれ程素晴らしいことが出来るかお見せしたい。」

「僕はマイケルで僕は勝者だ。僕は自分のダーツを投げるだけ、相手のことは気にしない。」

0
20

LATEST NEWS

HOME

NEWS

バンガーウェン、記録破りの優勝回数を狙う