NEWS

<メジャー>マスターズ、プレビュー

0
8
2019.02.02 Sat.

MVGは四連勝中

https://www.pdc.tv/news/2019/…

2019年マスターズ
ミルトンキーンズ、マーシャルアリーナ
2月1日(金)(ロンドン19:00、日本04:00)
<一回戦組合せ>
ダリル・ガーニー vs デーブ・チズナル
メンサー・スルホビック vs サイモン・ウィットロック
ステファン・バンティング vs ダレン・ウェブスター
マイケル・バン・ガーウェン vs ジョニー・クレイトン

2月2日(土)(ロンドン19:00、日本04:00)
<一回戦組合せ>
ガーウィン・プライス vs ジェームス・ウェード
ロブ・クロス vs ジョー・カレン
マイケル・スミス vs イアン・ホワイト
ピーター・ライト vs エイドリアン・ルイス

2月3日(日)(午後セッションロンドン13:00、日本21:00)
<準々決勝>

2月3日(日)(夕刻セッションロンドン19:00、日本04:00)
<準決勝><決勝>

フォーマット:
一回戦:ベストオブ19レッグズ(ファーストトゥ10レッグ)
準々決勝:ベストオブ19レッグズ(ファーストトゥ10レッグ)
準決勝、決勝:ベストオブ21レッグズ(ファーストトゥ11レッグ)

賞金:
優勝=60,000ポンド
準優勝=25,000ポンド
ベスト4=17,500ポンド
ベスト8=10,000ポンド
一回戦敗退=5,000ポンド

マイケル・バン・ガーウェンはミルトンキーンズのマーシャルアリーナで開催の2019年BetVictorマスターズで5年連続優勝に挑む。この大会は世界ランキングトップ16位により戦われ、ITV4でライブ放映される。

今年最初のテレビ放映イベントは2月1日~3日に開催PDCのトップ16スターが60,000ポンドの優勝賞金を目指して戦いを繰り広げる。

2019年の戦いはこの賞金総額200,000ポンドのトーナメントで開幕、バン・ガーウェンがこのミルトンキーンズの地で信じられない5年連続優勝を目指し2015年以来負けなしの状況だ。

バン・ガーウェンは3回目のワールドチャンピオン優勝以来の試合であり、金曜に世界16位のジョニー・クレイトンを相手にさらに優勝を目指してスタートを切る。クレイトンは2018年グランドスラムオブダーツのロビン戦でこのオランダ人に5-4で勝利している。

「ワールドチャンピオンとしてステージに戻れることをとても楽しみにしている。」とバン・ガーウェン。

「一か月とても楽しく過ごせたけどいよいよマスターズが新年の仕事始めだ。」

「ここのステージでは過去何年も本当に素晴らしい仕事をしてきており、とても自信があり再び優勝しようと決心している。これが新年の新しいスタートだというメッセージを送ることになり、僕にとってとても大事なことだ。」

「誰も油断出来る相手はいない。ジョニー・クレイトンとはいつも凄い試合をして来たし、一回戦で目標を終えてしまうかもしれない。」

「彼はとてもいい仕事をして来ているしトップ16の実力十分だ。このようなトーナメントでは世界トッププレーヤーでいなければならないのでミスは絶対許されない。」

ウェールズ人のクレイトンは2017年プレーヤーズチャンピオンシップ、ファイナルズ決勝進出に続き2018年にオーストリアンダーツオープンで優勝、これにより自身初めての世界ランキングトップ16入りを果たした。

「僕にとって素晴らしい2年だった、初めてのステージ上でのPDCタイトル優勝は格別だった。」とクレイトン。

「僕がやってきたようなダーツを続けられればトップ16の地位も確保できるしとても名誉なことだ。」

「これによりいろいろなチャンスも増え僕の経歴にも絶大なものとなっている。」

クレイトンはマーシャルアリーナへデビューする3人の一人であり、その他では13位のダレン・ウェブスターとヨーロピアンチャンピオンシップベスト4のジョー・カレンがいる。

カレンは2018年にワールドマッチプレー準決勝とヨーロピアンチャンピオンシップ決勝進出へのマッチとなるダーツをミスしていたが、こういった惜しいミスを避けたいとしており二日目にロブ・クロスに挑戦する。

「ヨーロピアンチャンピオンシップの準々決勝ではロブに1-6ダウンから勝っており、ロブはそのリベンジに燃えていると思う。」とこのヨークシャー出身のカレン。

「彼はあの試合は当然勝つものと思っていた筈なのであれは僕にとって大きな勝利だった。だから彼は絶対リベンジに燃えているはずだ。」

「序盤は二人ともスロースタートだろうけど、一旦落ち着けば絶対いい試合になると思う、それが僕の期待するところだ。」

「僕はスヌーカーを見て育ってきており同じコンセプトのマスターズの大ファンだ。ダーツスポーツのエリートだけが角を突き合わせる戦いであり、これこそが本当の戦いだ。」

元マスターズ準優勝のギャリー・アンダーソンは出場予定だったものの背中痛により欠場、代わってステファン・バンティングが出場することとなった。

金曜のキックオフはプレーヤーズチャンピオンのダリル・ガーニーが4度のテレビ放映トーナメント準優勝のデーブ・チズナルと対戦、続いてワールドマッチプレー準優勝のメンサー・スルホビックがオーストラリアのサイモン・ウィットロックと対戦する。

バンティングはこの夜の第3試合にウェブスターと対戦、続いてバン・ガーウェンがクレイトンと対戦する。

グランドスラムオブダーツ優勝のガーウィン・プライスはヨーロピアンチャンピオンのジェームス・ウェードと土曜の第1試合で対戦、続いてクロスがカレンと対戦する。

ワールドチャンピオンシップ準優勝のマイケル・スミスは世界11位のイアン・ホワイトと、続いて垂涎のピーター・ライト対エイドリアン・ルイス戦で一回戦が終了する。

金曜と土曜の勝者は日曜の最終決戦に挑み午後セッションで準々決勝が、夕刻セッションに準決勝と決勝が行われる。

BetVictorマスターズはITV4でライブ放映され、PDCの放送網とpdctv-HDを通じ全世界へ放送される。

0
8

LATEST NEWS

HOME

NEWS

<メジャー>マスターズ、プレビュー